概要

Outline

吉田博(1876~1950年)プロフィール
Yoshida Hiroshi (1876 – 1950)

昭和24年 自宅アトリエにて
昭和24年 自宅アトリエにて

明治から昭和にかけて、風景画の第一人者として活躍。西洋の写実的な表現と日本の伝統的な木版画技法を統合した新しい木版画の創造をめざしました。

Yoshida was well known as a leading figure in modern Japanese landscape painting from the Meiji period to the Showa period. He aimed to create a new type of woodcut that integrated Western realistic expressions with traditional Japanese woodblock printing techniques.

木版画という新世界
The New World of Woodblock Printing

福岡県久留米市に生まれた吉田博は、若き日から洋画修業を始め、当時の日本人としてはまれな、幾度もの海外体験を通じて東西の芸術作法を見つめ、己の技に磨きをかけてゆきました。一貫して風景に取材、自然に飛び込み融合することで体得した自然観と、欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって、制作を重ねました。

水彩、油彩で才能を発揮していた博が木版画を始めたのは49歳。西洋画の微妙な陰影を版画で表現しようという前代未聞の挑戦でした。博が追い求めたのは版画を使って水の流れや光のうつろいを驚くほど繊細に描くことでした。
 

展覧会構成
Structure

プロローグから、第1~11章、エピローグで吉田博の制作の歴史と情熱をご紹介します。
作品をクリックすると大きな画像をご覧いただけます

 

プロローグ
Prologue

「穂高山」大正期 油彩

第1章 || それはアメリカから始まった
Chapter 1. It Began from the USA

「エル キャピタン」大正14(1925)年
「レニヤ山」大正14(1925)年

第2章 || 奇跡の1926年
Chapter 2. 1926, the Miraculous Year
 

「穂高山」大正15(1926)年
「劔山の朝」大正15(1926)年

第3章 || 特大版への挑戦
Chapter 3. Attempts at Extra Large Sized Prints

「雲井櫻」大正15(1926)年 53.9×70.7cm
「雲海 鳳凰山」昭和3(1928)年 54.5×82.7cm

第4章 || 富士を描く
Chapter 4. Depicting Mount Fuji

「河口湖」大正15(1926)年
「御来光」昭和3(1928)年

第5章 || TOKIO を描く
Chapter 5. Depicting TOKIO

「神樂坂通 雨後の夜」昭和4(1929)年
「落合徳川ぼたん園」昭和3(1928)年

第6章 || 親密な景色/人や花鳥へのまなざし
Chapter 6. Intimate Landscapes and the Artist’s Look towards People, Flowers, and Birds

「於ほばたん あうむ」大正15(1926)年
「池の鯉」大正15(1926)年

第7章 || 日本各地の風景Ⅰ 1926-1930
Chapter 7. Views of Japan I, 1926-1930

「露営 北岳間の岳」昭和3(1928)年
「潮待ち」昭和5(1930)年

第8章 || 印度と東南アジア 1931-1932
Chapter 8. India and Southeast Asia, 1931-1932

「タジマハルの朝霧 第五」昭和7(1932)年
「フワテプールシクリ」昭和6(1931)年

第9章 || 日本各地の風景Ⅱ 1933-1935
Chapter 9. Views of Japan II, 1933-1935

「弘前城」昭和10(1935)年
「樓門」昭和10(1935)年

第10章 || 外地/大陸を描く 1937-1940
Chapter 10. Overseas Territory and the Continent, 1937-1940

「星子」昭和15(1940)年
「蘇洲」昭和15(1940)年

第11章 || 日本各地の風景Ⅲ 1937-1941
Chapter 11. Views of Japan III, 1937-1941

「新月」昭和16(1941)年
「竹林」昭和14(1939)年

エピローグ
Epilogue

「農家」昭和21(1946)年

見どころ -Highlight-